O型スクリューコンベア,SFCシリーズ   |株式会社セイワ技研 モノズコア

スクリューコンベア<SFCシリーズ>

スクリューコンベア SFC仕様
スクリューコンベア SFC仕様2


自社製スクリュー

φ50の軸へ、t4×25 のSUSフラットバーを自社機械で巻いて製作しました。(SFC13型)
フラットバーの幅が大きくなると、巻き癖をつけるときに羽根が倒れやすくなり、難易度が高くなります。熟練の勘と腕により、大きいスクリューが出来上がります。
つなぎ目が少ないので、原料を痛めにくく、供給がスムーズで効率のよいスクリューです。
1巻き1巻き溶接して繋げる板金製のものより価格もお安く済みます。
スクリューの写真、,SFC13型

分解・組立てやすい構造

大型スクリューですが、スクリュー部分はボルトを使わず、クランプバンドを使い分解・組み立てやすい構造にしています。
清掃時やもしものトラブルの時も、時間をかけずに対応することが出来ます。
ケーシング部分は中央上半分を切り欠いており、ケーシングカバーを外すと内部を掃除することが出来ます。
※スクリューユニットは長く大きく重量物です。2人以上もしくは吊り装置を用いて作業を行ってください。
スクリューもケーシングの中も簡単に掃除が出来ます

仕様に合わせて製作できます

お客様の原料・能力・設置環境に合わせて、設計・製作できます。
お気軽にお問合せください。
スクリューコンベア,写真集,SFC13型

対応原料
付着性の少ない粉・顆粒系

 

計量実績原料名
ペレット、樹脂粉

※御購入時のご注意※
上記は一例です。原料・環境・により、能力や精度が変ります。念のため実際の粉体の提示いただく場合もあります。納入後のトラブルを防ぐ為にも、御不明な点はお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

トップページ 製品 過去製作製品 会社概要 実績 お問い合わせ  S106